お役立ち情報

【Perlのフリーランス求人・案件情報】需要や将来性は?オワコン?

Perlとは?

「Perl」は、インターネットが始まり、普及し始めた1990年代〜2000年代前半において、ウェブの掲示板システムなどのウェブアプリケーションで使われていたプログラミング言語として、かつては広く使われていましたが、今日ではPHPやRubyなどの登場により、しばしばオワコンと言われるほど、見向きもされない傾向が強くなっています。

一方で、Perlは元々は別の用途で開発された言語でもあるという知られていない部分もあります。

ここではかつては広く利用されながらも、今日では廃れていった感のあるPerlについて、説明していきましょう。

Perlとは?その特徴は?

Perlとは

Perlは、ラリー・ウォールによって開発されたプログラミング言語で、登場は1987年と、それなりに歴史のあるプログラミング言語であるといえます。名前の由来は「pearl」、すなわち「真珠」ですが、すでに同名のプログラミング言語があることから、現在の名称になったと言われています。

1990〜2000年代前半のウェブにおいては、黎明期〜普及が始まる頃にあり、ウェブの発展には、Perlが関わっているという見方もできるほどです。例えば、Perlは後述の特徴を活かしてCommon Gateway Interfacr(CGI)を経由して動作するウェブアプリケーションとして使われていました。

今日においては、より扱いやすいPHPやRuby、Pythonなどの登場により、すっかり過去のものになってしまった感は拭えませんが、更新は続いているほか、後継として設計されながらも、互換性の問題から実質的には派生言語の扱いとなっている「Perl 6」も登場しています。

相談するボタン

Perlの特徴

Perlは、今日のウェブで使われているPHPやRuby、Pythonなどの後続のスクリプトに大きな影響を与えたプログラミング言語ということもあり、それらに通じる特徴を持ち合わせています。

その上で、Perlの特徴は以下のようになるでしょう。

  • テキスト処理に強い
  • 記述が容易
  • インタプリタ言語

Perlのイメージ

Perlのメリット・デメリット

Perlのメリット

現在では使われる機会の大きく減ったPerlですが、以下のようなメリットを持っています。

コンパイル言語よりも手軽でシェルスクリプトより高速

Perlが登場するまでは、なんらかの処理を行う際は処理速度が高速だがコンパイルが必要で手間のかかるコンパイル言語と、手軽に扱えるが処理速度の遅いシェルスクリプトがあり、用途に応じて使い分けていましたが、それぞれ利点と欠点が大きく、シェルスクリプトでは移植性の問題もありました。

Perlでは、インタプリタ型言語ということもあり、コンパイル言語よりも利便性が高い一方で、シェルスクリプトよりも高速に動作し、なおかつ動作環境さえあれば同じように動作するという特徴から導入が広がったといえます。

強力なテキスト処理

Perlのメリットとして、強力なテキスト処理も挙げられます。sedやawk、grepなどのテキスト処理ツールで行える機能のほか、テキスト処理に必要な処理に加え、正規表現を兼ね揃えている上で、それらの処理がシェルスクリプトよりもはるかに高速に行えるというメリットを持っています。

というのも、Perl自体がもともと各種テキスト処理ツールとシェルスクリプトの併用での限界を克服する目的で開発されたという経緯からくるもので、この利点は後続の言語にも影響を及ぼしていると言えるでしょう。

後方互換性を重視している

Perlは後続のPHPやRuby、Pythonと比較して、後方互換性をかなり重視する傾向にあります。これは、あるバージョンのPerl向けに開発したアプリについて、Perlのバージョンが上がっても基本的に改修なしで動作できるように考慮されている傾向にあります。Perl 6については、Perl 5までとは後方互換性がないため、あくまで別の言語の扱いということになっています。

Perlのデメリット

Perlのデメリットとしては、Perlで書かれたコードは、しばしば非常に読みづらいコードになる傾向にあると言われています。

これは、Perl自体が登場当初はオブジェクト指向プログラミングに対応しておらず、バージョン5.0で対応したことをはじめ、バージョンを重ねるごとに新たな機能が加わる一方で、後方互換性も確保するという方針が影響している可能性はあります。

とはいえ、実際に問題となっているのは、十分なスキルを持っているとはいえないエンジニアが「とりあえずこれで動く」と考えて、ひどいコードを量産してしまったということが大きいものと考えられます。もっとも、これについてはPHPやRubyにおいても同様のことが言えると考えられます。

Perlにおいても、しっかりと設計とコーディングガイドラインを持っていれば、それなりに読みやすいコードを書くことは可能です。

Perlはどんな開発案件で使われているのか

Perlは、主に以下の開発案件で使われています。

  • ウェブアプリケーション開発
  • 企業向けシステム開発

ウェブアプリケーション開発では、インターネットが普及し始めた頃の掲示板システムを始め、初期のウェブアプリケーション開発で広くPerlが使われていました。今はPHPやRuby、Pythonに譲るものの、使われ続けていると言われています。

また、企業向けシステム開発においても、テキスト処理の強力さを活かして、テキストを扱うようなシステムで使われていると言われています。

Perl?

Perlを取り巻く環境はどういう状態なのか

Perlは時代遅れのオワコンなのか

Perlを取り巻く環境は厳しく、しばしば「オワコン」と言われる風潮面でがあり、案件においてもPHPやRuby、Pythonが多くなっているということもあり、注目度が落ちているのは事実としてあります。

一方で、Perlの開発は今日でも続いており、新しいバージョンがリリースされ続けている通り、現在でも進歩の続いている言語でもあります。

このほか、CatalystやMojolicious、Arkといった、ウェブフレームワークが開発されているということもあり、イメージとは裏腹に時代遅れのオワコンとは言い難い面もあります。

Perlの将来性や需要はどうなのか

Perlの将来性で言えば、現在ウェブで使われるようになっているPHPやRuby、Perl、他にもJavaなどと比較すると、心もとない面はあります。比較的古いシステムを中心にPerlで動作するシステムは多く、その改修での需要は見込めますが、新規プロジェクトとなると、どうしても他の言語に移ってしまいます。

一方で、ニーズ面からPerlを扱えるエンジニアがかなり減っているということもあり、Perlで書かれたシステムの保守や回収において、Perlを扱えるエンジニアが重宝される可能性はあります。

相談するボタン

Perlエンジニアの年収状況はどうなのか

プログラマー年収ランキング2017!言語別、第1位はScalaの626万円』(みんなのスタンバイ)によれば、Perlエンジニアの年収レンジは240〜1,750万円で、平均は551万円、全言語では7位に当たるとのことです。

エンジニアの年収は需要と供給バランスによって変動するため、需要に対して供給不足になれば高騰する傾向にある一方で、供給過多になれば下落する傾向にあると言われる通り、今後も市場動向に応じて変化するものと考えられます。

Perlエンジニアになるには

Perlエンジニアになるには、実際に走らせながら、どこでミスをしたのか、どうやったらなおせるのか、といったことを、試行錯誤を重ねながらスキルを身につけていくのが良いでしょう。

今日では、[paiza.io]など、オンラインで確認可能な動作環境があるので、特別なインストールを行わなくても、Perlプログラミングの学習を行うことができます。それと、Perlの入門サイトや入門書を確認しながら、学習を行うのが良いでしょう。

また、PerlはUnixシステム系と親和性が高く、macOSや主要なLinuxディストリビューションも含めたほぼ全てのUnix系システムでデフォルトで利用可能になっており、それらを使っている場合は特別なインストールなしですぐにPerlのプログラミングをPC上で行える他、Windows利用者でも[ActivePerl]をインストールすることでPerlを利用できるようになります。

Perlって?

オススメの入門書は?

Perlの入門書としては、初心者であれば、以下の入門書がおすすめです。

上記は初心者向けの入門書ですが、これらの他にもPerlの登場経緯から、ウェブアプリの開発に触れているものや、文字列の扱いを中心に扱ったものもあり、必要に応じて使い分けるのも良いでしょう。

Perlの次にオススメな言語は?

Perlの次にオススメな言語として、筆頭に挙げられるのは後続の言語であるPHPでしょう。PHPはPerlやRuby、Pythonと比較するとウェブアプリケーション開発に特化している一方で、Rubyと比較して言語仕様も一般的なプログラミング言語よりになっているなどでPerlよりも採用率が高いということもあり、優先度はかなり高いです。

PHPと並んでオススメの言語としては、他にもRubyやPythonが挙げられます。これらもPerlの後続言語にあたり、RubyはRuby on Railsという強力且つ現行のウェブフレームワークに影響を与えたフレームワークを習得するという点で重要なこと、Pythonについても人工知能でトレンドになっている一方で、Perlに匹敵するレベルでシステムからウェブまで扱えることもあり、使えるようにした方が良いでしょう。

最後に

1987年に登場し、当初はテキスト処理で使われるようになり、一時期はウェブアプリケーションで広く使われたPerl、その栄光は過ぎ、後続の言語に譲っていると言える面もあり、オワコンと呼ばれることも少なくありません。

とは言え、その遺産は決して少なくなく、今後もメンテナンスが求められることが見込まれ、需要は続くものと考えられます。

今では必要でなければ習得の機会は限られていますが、習得で損になることはないでしょう。

相談するボタン

Perlの求人案件の単価相場(単位:万円)

実際、Perlの技術者はどのくらいの単価で現場へ常駐しているのでしょうか?以下、現在のアルマサーチが取り扱う案件の単価相場をまとめてみました。

単価相場

いかがでしょうか。右肩上がりになっていることが分かると思います。

ちなみに単価を決める一番の要素はスキルなのですが、年数が短くとも高単価の方など、必ずしもこの表に当てはまらない方もいらっしゃいます。

ですが、一般的には実務経験=スキルと判断される採用担当者が多く、市場的にも実務経験と単価の相関性は非常に高いです。アルマサーチでは、経験年数に見合った高単価案件を多数とりそろえています。

実務未経験者

25万円程度 /月

実務経験半年

30万円程度 /月

実務経験1年

40万円程度 /月

実務経験2年

50万円程度 /月

実務経験3年

60万円程度 /月

実務経験4年間以上

70万円以上 /月

Perl経験が少ない方にも朗報!

Perl案件は市場に多々あり、新人でもOKという案件も増えてきています。

アルマサーチでは、今後Perlをやっていきたいという方や、Perlを学んだのでこれを仕事にしてみたい、自社である程度Perlをやったのでフリーランスになってみたい、という方たちが案件を獲得しやすい環境をご用意しています。

Perl案件は経験があればあるほど高単価を狙えます。アルマサーチでご紹介した新人向け案件で実績を積み、さらに単価を上げていきましょう。中には週5日常駐の案件以外にも週3〜4日勤務の案件や在宅でできるリモート案件も増えてきています。お気軽にお問い合わせください♪

相談する

言語別シリーズ
1,【PHPのフリーランス求人・案件情報紹介】開発単価や相場がわかる!将来性や基礎知識も!
2,【javaのフリーランス案件情報付き】開発単価やエンジニアの将来性・学習方法
3,【Perlのフリーランス求人・案件情報】需要や将来性は?オワコン?(この記事)
4,【Rubyのフリーランス求人・案件情報】仕事や単価、ruby on railsの在宅案件まで
5,【Pythonのフリーランス求人・案件情報】エンジニア開発単価は?未経験でもいける?
6,【Scalaのフリーランス求人・案件情報】エンジニアの開発単金や年収、将来性は?
7,【C++のフリーランス求人・案件情報】開発単価や仕事内容、需要や将来性までご紹介
8,【JavaScriptのフリーランス求人・案件情報】エンジニア需要や単価まとめ
9,【VB.NETのフリーランス求人・案件情報】C#との違いや人気開発案件をご紹介
10,【Kotlinのフリーランス求人・案件情報】どんな言語で開発単価はどれ位?
11,【C#のフリーランス案件情報付き】需要や将来性、プログラマの開発単価など
12,【unityのフリーランス求人・案件情報】エンジニア需要や開発単価、未経験でもいける?
13,【iOSのフリーランス求人・案件情報】アプリエンジニアの開発単価や相場、将来性や基礎知識!
14,【Swiftのフリーランス案件情報付き】仕事やエンジニアの将来性・学習方法!
15,【androidのフリーランス求人・案件情報】アプリエンジニアの開発単価や相場は?

案件量が豊富なアルマサーチ

アルマサーチ

最後に、アルマサーチのご紹介!

アルマサーチはフリーランス向けに案件をご紹介することに特化したエージェントサービスです。豊富な案件量から、安定して継続的な案件のご紹介を実現しており、口コミから登録エンジニアが急増中です。

アルマサーチが選ばれる理由

  1. 豊富な案件量。週3〜4日の案件や在宅リモート案件も。
  2. 優秀なコンサルタント陣。
  3. 案件に参画後もしっかりサポート。

豊富な案件量

フリーランス向けに特化し、業界屈指の案件量を誇ります!週3〜4日の案件や、在宅リモート案件もありますし、その他あらゆる希望をしっかりお伝えください。最適な案件のご紹介をさせていただきます。

優秀なコンサルタント陣

技術に疎く、開発の希望を伝えても響かないエージェント・・・嫌ですよね。アルマサーチにはそのような者は一切おりません!さらに独立にまつわる税金や保険関係に詳しいスタッフが徹底的にサポートさせていただきます。

案件に参画後もしっかりサポート

常駐先が決まった瞬間に、一度も連絡が取れなくなるエージェント・・・いますよね?アルマサーチでは、そのようなことは一切ありません!常に電話やメールは即対応しますし、月に1度のランチミーティングなどから現場の状況を細かくヒアリングし、就業環境改善に尽力いたします。

相談する

キャリアカウンセリングのプロとして
あなたに合った案件をご案内します。

まずはお気軽にお問い合わせください!

イメージ