お役立ち情報

エンジニアのおすすめ腕時計5選!大人メンズに人気の邪魔をしないオシャレ腕時計!

オススメの腕時計

エンジニアにオススメの腕時計は?

エンジニアに腕時計が必要かどうかは賛否両論分かれますが、社会人なのだから腕時計くらいした方が良いのでは?という意見も多いでしょう。ただし長時間タイピング作業がある際ははっきり言って腕時計は邪魔です。

物理的に邪魔なのですが、それだけではなく手首に汗をかいて蒸れるという問題もあるでしょう。特に初夏くらいのギリギリエアコンなしで作業できそうな季節は腕時計の蒸れが気になるかもしれません。

自宅だけでなくカフェなどで作業される方は、エンジニアにとってオシャレかつ利便性の高い腕時計を選ぶと良いでしょう。

エンジニアにとって使いやすい腕時計とは?

最適な腕時計は一人一人好みが異なるので断言できないのですが、エンジニアにとって使いやすい腕時計の条件はあります。具体的には以下のようなものでしょう。

  • 付け外しが簡単で早くできる。
  • 時計を外したときに立てることができる。
  • ガジェット好きならスマートウォッチなど。

私の場合上記のような条件で腕時計を選んでいます。もちろんすべての条件を網羅できるとは限らず、この条件自体人によって異なるかもしれません。しかし軽くて便利なスポーツ用スマートウォッチなどを除けば、パソコン作業時に腕時計を外したい方も多いでしょう。

まず付け外しが簡単ということですが、ベルト式のものよりもボタン一つで付け外しできるタイプの方が簡単に取り外しできます。しかもボタン式のタイプは腕に回す部分も金属なので立てやすいです。

ガジェット好きな方ならスマートウォッチも良いかもしれません。私も一時期スマートウォッチにハマっていた時期があり、一日の睡眠時間や脈拍数や移動距離などを測っていました。

スポーツウォッチ

でも正直なところ、上記のようなデータが必要なのはアスリートくらいのもので、エンジニアにはあまり必要ないかもしれません。ただし、睡眠時間ではレム睡眠とノンレム睡眠の割合も正確に測れるようなので、睡眠の質を測りたい方にはおすすめできます。

私もレム睡眠とノンレム睡眠の割合を見つつ寝る時間や起きる時間を変えたりしていたのですが、結局は飽きてあまり付けなくなったことと、その間に紛失してそこからスマートウォッチは使用していません。

私が現在使用していないので強くはおすすめできませんが、スマートウォッチは日々進化していて動画再生や電話も当たり前になっています。私が使用していたモデルは液晶部分をベルトから外して片耳イヤホンになるという面白いものでしたが、あれはあれで便利でした。

話が脱線しましたが、以降おすすめの腕時計を紹介します。

リーズナブルでオススメの腕時計5選

SEIKO メカニカルSARB033

セイコーの腕時計

出典: amazon.co.jp

こちらの商品はリーズナブルでコストパフォーマンスの良い代表的な腕時計ではないでしょうか。私自身もこちらのシリーズの古いタイプを長年使用しています。すでに購入から10年は経過しているので、耐久性も高いと言えるでしょう。

私の場合このSEIKOモデルをいろいろなところにぶつけたり落としたりしていますが未だに無事です。もちろん耐水加工で、昔学生ノリの飲み会でジョッキビールのなかに入れられたりしても大丈夫でした。

約45,000円でここまで活躍してくれているのでまったく文句はありません。ただし、私の場合ベルトのボタン部分がゆるゆるになってしまっているので現在は使用していません。これは安い修理費で直せる部分なので、日常的に使用する方は心配ないでしょう。

CITIZEN 腕時計 Citizen Collection CB0011-69E

シチズン腕時計

出典: amazon.co.jp

シチズンもセイコーと並ぶ腕時計の定番中の定番です。エンジニア含めビジネスマンが付けていても、安っぽすぎず嫌味もありません。安物過ぎても高級過ぎても場にそぐわない、身の丈に合っていない、印象が悪い、といったことが起こりますが、シチズンならちょうど良いでしょう。

そして、印象や見た目だけでなくスペック的にもコスパ的にも最強です。電波式で狂わない、メンテナンス不要、防水加工、サファイアガラスで傷付かない、とこれ以上求める機能はなさそうです。

高級時計には高級時計ならではの良さがあるかもしれませんが、高級時計が高いのはいわばブランド価格、見栄料金のようなもので、機能性が価格分備わっているわけではありません。

会社経営者などは儲かっていることをアピールするためにあえて高級時計を付けることがありますが、エンジニアの場合特別そういったアピールは不要なので、効率的に機能性を追求した腕時計が良いのではないでしょうか。

私見ですがコスパや効率を重視する思考がエンジニアの良い点でもあるので、そういう意味ではシチズンの腕時計は合理的です。

Apple Watch Sport 42mm

アップルウォッチ

出典: amazon.co.jp

スマートウォッチにはいろいろなものがありますが、iPhoneと連動させるならやはりAppleウォッチが便利でしょう。ガジェットマニアの方はもっとカスタマイズが自由なものを選びたいかもしれませんが、万人受けという意味ではAppleウォッチが最適かと思います。

またiPhoneだけではなくmacPCと連動させることも可能なので、離れた場所から音楽の音量調整等が簡単にできます。自宅でスマートガジェットを使用されている方は一部連動可能なので、腕時計を含めて家具などもデジタル化していくと便利で面白いです。

CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック Camouflage Dial Series GA-100CF-1A9JF

Gショック

出典: amazon.co.jp

Gショックもファンの方が多いのではないでしょうか。私もTPO等を一切考えなくて良いのなら、基本的にジーショックの腕時計を付けていたいくらいです。このゴツゴツしたフォルムと機械感に惹かれます。

ただし、スーツにGショックを合わせるのはあまり良くないと考える方もいるようです。最近は割と自由化されているので若い方を中心にスーツにジーショックを合わせる方が増えていますが、特ブラックを選べばスーツにも馴染みやすいのではないでしょうか。

こちらのモデルなら、オンでもオフでも使えそうです。とは言ってもエンジニアの方は私服やオフィスカジュアルの方が多いと思うので、まったく気にする必要はないのかもしれません。

Nike+ SportWatch GPS Powered by TomTom

ナイキの腕時計

出典: amazon.co.jp

最近はスポーツブームなので、エリートサラリーマンほどこぞってジムや外で汗を流しています。スポーツウェアでベンツに乗り込みさっそうと六本木を走るサラリーマンを度々目にします。

だからといってその人たちに憧れる必要も真似する必要もないのですが、単純にスポーツウォッチブームなので乗っかっておいて損はないのではないでしょうか。ブームに乗っかれば良いというわけではありませんが、スポーツウォッチは機能的にも軽さ的にも利便性が高いです。

昔はビジネスの場にスポーツウォッチはふさわしくないとされていたので嫌でもビジネスマン風の腕時計を付ける必要がありましたが、せっかくスポーツウォッチブームなので、軽くて便利なスポーツウォッチをオンオフ両用で使うのも良いのではないでしょうか。

ただし普段からある程度運動をしている感じの人の方が似あうので、スポーツウォッチ購入に合わせて筋トレ、ジョギング、好きなスポーツ、といった運動を始めるのもおすすめです。

エンジニアガジェットシリーズ

  1. エンジニアのおすすめ椅子6選!ロングワークでも疲れないゲーミング、腰痛対策チェア!
  2. エンジニアがおすすめのディスプレイ5選!目が疲れないプログラミングモニター!
  3. エンジニアがおすすめの机5選!自宅でのデスクの作業環境はこれで決まり!
  4. エンジニアがおすすめするマウスランキング!logicoolなど生産性を大きく向上させる4選!
  5. 作業効率を劇的に上げる!おすすめの無線マウス6選
  6. エンジニアが選ぶこだわりのおすすめキーボード4選!打感と生産性の疲れない有・無線ボード!
  7. エンジニアのおすすめイヤホン4選!遮音して集中力を高めるコレクションまとめ
  8. (この記事)エンジニアのおすすめ腕時計5選!大人メンズに人気の邪魔をしないオシャレ腕時計!
  9. エンジニアがおすすめの耳栓4選!集中力を向上させる高音カットetc!

まとめ

以上オススメの腕時計を紹介してきましたが、どの時計もオンオフ両用できる時計です。プライベートとビジネスで腕時計を使い分けている方もいるかもしれませんが、わざわざ二つ用意するのも面倒な気がします。

オンオフ両用できるお気に入りを一つ購入するか、複数購入する場合にもオンオフどちらでも使えるタイプがおすすめです。

キャリアカウンセリングのプロとして
あなたに合った案件をご案内します。

まずはお気軽にお問い合わせください!

イメージ