お役立ち情報

エンジニアがおすすめの靴選び!TPOで迷わない。仕事場でも楽な靴コレクション!

オススメの靴

仕事場がスーツの方は特に服装に迷うことはないと思いますが、意外と私服通勤の方が迷ってしまう分慣れないうちは大変です。私服通勤のなかでも特にエンジニアは完全自由のところもあればビジネスカジュアルのところもあります。

完全自由の開発現場だと特に夏は短パン、サンダル、アロハシャツ、タンクトップ、といったスタイルで通勤している人もいますが、ビジネスカジュアルだと当然上記のような服装はNGです。厳しいところだとパーカーもアウトでしょう。

このような職場ではシャツ、ジャケット、パンツを基本にコーディネートしていくのですが、迷うのが靴選びです。女性は普段からヒールやパンプスを履いている方も多いかと思いますが、男性の場合私服では革靴を一切履かない方も多いはずです。

スーツだと革靴を履くが、ビジネスカジュアルだと何を履けば良いのかわからない、ビジネス用の革靴でいいの?スニーカーは?といった疑問をお持ちの方も多いことでしょう。そこでこのページでは、ビジネスカジュアルに合わせるべき靴について解説します。

少しだけ遊びのある革靴が合わせやすい

遊びのある革靴

男性ビジネスカジュアルでは、少し遊びのある革靴がもっとも合わせやすいです。スーツ用のブラックのプレーントゥしか持っていない場合それでも問題ないのですが、たとえばチノパンと合わせると色合いのバランスがちぐはぐで、スラックスと合わせるとパンツとジャケットがバラバラのスーツスタイルのように見えたりします。

スーツ用の革靴でも問題ありませんが、ビジネスカジュアル用に少し遊びのある革靴を選ぶのがオススメです。具体的には、以下の項目になります。

  • 色はダークブラウンや少し明るめのネイビーがちょうど良くどのビジネスカジュアルにも馴染みやすい。
  • 形はウイングチップやUチップがちょうど良い。

あくまでも一例なので絶対にこの通りにしなければならないわけではありませんが、色合いに関しては黒過ぎても明るすぎてもビジネスカジュアルには使いにくいと言えます。

着こなしのヒント

もちろんビジネスカジュアルスタイルに慣れている方が全体のバランスを取るためにあえてブラックのストレートチップや明るいトーンの革靴を合わせることもあるのですが、ジャケットやパンツをいろいろ組み合わせてコーディネートできるほど持っていないと革靴で遊ぶのは難しいでしょう。

たとえば、パンツやジャケットのデザインが派手目のものを選ぶなら靴はブラックのプレーントゥやストレートチップでもビジネスカジュアルとして全体がうまくまとまりやすいです。

逆にスーツに近いジャケパンスタイルにする場合、革靴を明るめのトーンにして遊びを出すのもありでしょう。ただしこういったコーディネートをするためにはジャケットやパンツのバリエーションが豊富である必要があり、テクニックも必要です。

毎日似たようなスタイルなのに革靴が派手、ジャケットが派手、といったことになると、変にキャラクターが付いてしまいます。オシャレであればあるほど毎日似たようなスタイルだと悪目立ちするので、いちいちコーディネートを考えるのが面倒な方は上記のルールで靴を選ぶことをオススメします。

スニーカーも、ものによってはあり

ビジネスカジュアルスタイルは革靴を合わせるのが基本ですが、なかには革靴はあまり好きではない、歩きにくいし靴擦れや蒸れが気になる、といった方もいるかもしれません。実際私も革靴はあまり好きではないので、スニーカー並みに楽に歩けるものや、逆に革靴に近いデザインのスニーカーを選ぶことが多いです。

そしてスニーカーを選ぶ際には、ブラック、ダークブラウン、濃いネイビーのレザースニーカーを選ぶのがおすすめです。

まず色に関しては、スニーカーというだけですでにカジュアル寄りなので、さらに色を入れてカジュアルに寄せるのは避けた方が無難です。

次に素材に関してですが、レザー素材なら見た目の印象が革靴に近くなります。レザーよりもスポーツタイプのスニーカーが好きな方も多いかと思いますが、それは避けた方が良いです。

スポーツスニーカー

スポーツスニーカー

スポーツスニーカーを合わせるビジネスカジュアルスタイルもあって、オシャレなのですが、良い印象を持たない方も多いでしょう。アパレル関係の方やスポーツメーカー勤務の方なら納得ですが、エンジニアは当てはまりません。

ビジネスカジュアルにスポーツスニーカーを合わせスタイルはある程度一般化してきてはいるもののまだまだ奇抜なスタイルの一つです。今後スポーツブームでより一般化してくれば問題ありませんが、現状は避けることをオススメします。

レザースニーカー

レザースニーカー

レザースニーカーをビジネスカジュアルに合わせる場合、色は暗めのものを選ぶということでしたが、個人的にはもう一点気にした方が良いことがあると考えています。そのように解説されているものは見たことがないのであくまで私の主観なのですが、靴紐部分の面積も重要だと考えています。

革靴とスニーカーの紐面積に注意?

普段あまり意識されないかもしれませんが、革靴は紐部分の面積が少ない傾向にあります。ほとんどの革靴は紐穴が四段程度で、足の甲の上の方のみに紐が来ます。そして、足の甲の真ん中からつま先に掛けては紐はありません。革靴によってはそもそも紐がないものもあります。

一方で、スニーカーは紐穴が6段か7段あるものも多く、足の甲部分全体に紐が来ることになります。あくまでも私の主観なのですが、紐の面積が多いとカジュアル感が強まると考えています。

実際に紐の面積を意識して見ていただければ共感してもらえるかもしれません。レザースニーカーにも多くの種類がありますが、紐の面積が多いとあまり革靴風には見えず、カジュアル感が強いと感じます。

革靴風スニーカーとして売り出されている商品も多いですが、それらの多くは革靴の形を真似てデザインされており、紐部分の面積が少ないです。私自身紐穴が四段程度だとビジネスシューズ感が出ると考えていて、実際そのように選んでいます。

私の主観なので絶対ではありませんが、ビジネスカジュアルにレザースニーカーを合わせようと考えている方は参考にしてみてください。

ローファーはあり?

ローファーシューズ

着脱しやすいことや、ファッション的な観点からローファーを仕事場で履きたいと考えている方もいるかもしれません。ローファーをビジネススタイルに取り入れることは可能ですが、あまりおすすめはしません。

理由としては、ローファーにあまり良い印象を持たない人がいる可能性高いことと、靴下との合わせ方を考える手間が発生するからです。まず印象についてですが、ローファーはどちらかというとカジュアル向けのものです。

最近はローファーをスーツに合わせるスタイルも増えていますが、特に年配の方には違和感を持たれる可能性も高いでしょう。次に靴下についてですが、ローファーは靴下が見えやすい分見せ方を工夫しないと間の抜けた印象になります。

カジュアルスタイルなら見えない靴下を履いたりなかには素足で履く人もいますが、ビジネススタイルの場合そうもいきません。靴下との組み合わせ次第でダサくなってしまうので、わざわざリスクを背負ってまでローファーを選択する必要があるのかは疑問と言えるでしょう。

もちろんオシャレにこだわりがあってローファーや靴下をコーディネートしたい方はそれで問題ありません。深く考えずにローファーを選択するのがオススメできないということでした。

キャリアカウンセリングのプロとして
あなたに合った案件をご案内します。

まずはお気軽にお問い合わせください!

イメージ