お役立ち情報

副業でアプリ開発を行なった&行なっている人のブログ・twitterまとめ

アプリ開発

エンジニアはもちろん、エンジニアでない方も今の時代副業にアプリ開発を選ぶのは良い選択と言えます。稼げればもちろん良いのですが、仮に稼げなくてもプログラミングの勉強になり、徐々にスキルアップしていけば数年経ってから収益が発生し、そこから右肩上がり急上昇していくようなケースもあります。

このページでは、副業でアプリ開発を行なっている人のブログやtwitterを紹介し、実際にアプリ開発で収益化するイメージをつかんでいただければと思います。

副業でアプリ開発を行なっている人のブログ紹介

まずは副業でアプリ開発している方のブログを紹介します。アプリ開発で大きく稼いでいる人のブログなどもありますが、こういったブログはもちろん参考になります。しかし、大きく稼いでいる人はスキルも高い場合が多いので初めて副業でアプリ開発する方にとっては現実感がないかもしれません。

または、スキルが高い人の特権であって自分には無理だという感覚になってしまうこともあるでしょう。たしかに大きく稼いでいる人は初心者の気持ちがわからなかったり、自分が初心者だったときの感覚はすでに忘れていたりします。

そのため、大きく稼いでいる人のブログと同時に駆け出しで月に数万円程度の収入の人のブログも合わせて読むことをオススメします。むしろまだそれほど稼いでいない人のブログの方が初心者にとっては役立つでしょう。

駆け出しの人のブログはそのまま真似をすれば同程度稼げるようになる可能性が高いので、そちらから目を通すことをオススメします。逆に高額稼いでいる人のブログを見てもそのまま真似をすることは難しいので、徐々にステップアップしていくと良いです。

ホーリーのプログラミング日記

http://application.hateblo.jp/archive

ホーリーのプログラミング日記

こちらのブログは特別わかりやすい、参考になるというものではなく、完全別業界の人がアプリ開発を副業として行なった事例として参考になります。ブログ自体も独自ドメインではなくはてなブログで開設しており、このようにやり込んだ副業というよりはできる限りでやっていて、まだ粗のある感じが初心者にとってはむしろ参考になるはずです。

こういった初心者から始めたことがわかりやすいブログを見た方が自分にもできる気がするので、モチベーションを下げずに済みます。

サラリーマンが株式投資で資産形成

http://chokoku.link/app-develop-side-business/

サラリーマンが株式投資で資産形成

こちらのブログは株式投資がメインで、次にアフィリエイト収入等について記載されています。アプリ開発に関してはメインではありません。実際このブログの運営者がアプリ開発でどのくらい稼いでいるかはわかりませんが、おそらくそれほど稼いでいないでしょう。

あくまでもメインは投資とアフィリエイト収入です。そのうえで、副業を比較しながらアプリ開発に関して書かれている点が参考になります。複数の副業を比較することで、アプリ開発のメリットとデメリットを知ることができるでしょう。

田舎からGeekを目指す

https://ryuta46.com/458

田舎からGeekを目指す

こちらのブログ主はもともと本業がエンジニアで副業でアプリ開発を行なっており、現在はフリーランスとしてアプリ開発しています。受託開発と自分で設計から行なっている開発との割合はわかりませんが、ブログの印象としては自分で一から作っているアプリが多そうです。

収入も公表はしていないもののスキル的には少なくともエンジニアの平均以上は稼いでいそうです。これから副業でアプリ開発を始める方の参考になりそうですが、スキルが高くない場合そのまま真似をするのは難しいでしょう。

上で紹介したブログの方が初心者から始めている分初心者には参考になるかもしれません。特に最初に紹介したブログ主は30歳を超えてから初めてパソコンを購入して独学でプログラミング習得、その後アプリ開発をしているので、初心者にとって直接的に参考になるでしょう。

初心者から始めて少額から稼いでいる人と、高スキルでかなり稼いでいる人の両方のブログを見ることで市場全体やスキルアップの流れが見えてきます。

アプリマーケティング研究所

https://appmarketinglabo.net/room6/
App Marketing Labo

こちらは個人ブログではありませんが、アプリ開発者の失敗事例を紹介しています。だいたいブログなどでは成功事例ばかりを扱うので、失敗事例を載せるのは珍しいケースかもしれません。

成功事例はもちろん参考になるのですが、人によってはみんながうまくいってばかりの気がして、とても自分が参入してもダメだという気持ちになるかもしれません。しかし、公になっていないだけで成功者の裏には失敗者が大勢います。

なおかつ成功者も失敗を繰り返して最終的に成功しているケースが多いのです。失敗事例を見ることで、自分もチャレンジして失敗してもいいんだ。失敗を積み重ねて経験を積み、最終的に成功を目指せばいいんだ、という気持ちにさせてくれます。

あえて失敗談を載せてくれているブログは非常に役立ち、初心者にとってはチャレンジする勇気につながることでしょう。チャレンジしたら絶対に成功しなければならないというわけではなく、失敗してもその失敗を活かして最終的に成功すれば良いのです。

副業でアプリ開発を行なっている人のtwitter

ブログだけでなく、twitterもアプリ開発の情報を得るのに効率的です。

副業でアプリ開発している人がtweetしていることも多いので、見ているとどのようなアプリを開発しているのか参考になります。

teru

teru_0906

アプリ開発について頻繁にtweetしているアプリ開発者ですが、特にゲーム系の開発がメインです。簡単なゲームを作っており、なおかつそのゲームの動画配信も行なっています。

初心者でも頑張れば作れそうなものなので、丸パクリはNGですが参考になると思います。ちなみに、この方の本業は医療系のSEです。

dai

会社で働きながらアプリを作成したdaiさん。

LINEで画像の中の文字をテキストに起こしてくれる「文字おこしくん」を開発しました。現在12万人のユーザーに利用されています。

 

ランサーズのアプリ開発者紹介tweet

Lancers

ランサーズの公式アカウントなので個人のアカウントではありませんが、ランサーズのtwitterは見ておいて損はないでしょう。ランサーズでは受託開発案件を取り扱っているので、エンジニアや案件の紹介をtwitterで行なっています。

副業でのアプリ開発も受託であればやった分のお金が確実に入ってくるので、せっかく作ったのに収入ゼロということにはなりません。確実に稼ぎたい方は、まずは受託から始めてみるのが良いのではないでしょうか。

ちなみにランサーズに似たサービスにクラウドワークスがありますが、クラウドワークスにも公式twitterアカウントがあります。ただし開発案件よりもライティング案件やライター紹介が多いので、アプリ開発と合わせてIT系のライティング案件をお探しの方には良いかもしれません。

アプリ開発のイメージ

まとめ

以上、副業でアプリ開発を行なっている方やそれに類似する方のブログ・twitterを紹介してきました。

これらを見ているだけではスキルも収益も付いてこないのでもちろん手を動かすことが重要ですが、やみくもに開発するよりもスキルアップの方向性や実際に作るアプリが明確になります。

ぜひ実際にアプリ開発されている方のブログやtwitterを参考にしつつ、アプリ開発の第一歩を踏み出してください。

アプリ関連記事

  1. エンジニアがおすすめするアプリ7選!情報収集からワークハックまで便利ツール!
  2. アプリ開発は儲かる?無料ゲームの稼ぎ方や収入・起業の仕方をご紹介
  3. [この記事]副業でアプリ開発を行なった&行なっている人のブログ・twitterまとめ
  4. 【アプリのフリーランス求人・案件情報】Android、iOS開発の単価相場や在宅案件は?

 

キャリアカウンセリングのプロとして
あなたに合った案件をご案内します。

まずはお気軽にお問い合わせください!

イメージ