お役立ち情報

社会人なら知っておきたい電子決済のあれこれ!

電子決済イメージ

電子決済について知っていますか?

私たちの生活の上で、お金は身近な存在であるため、上手く使っていく必要があります。近年ではキャッシュレス社会への動きが顕著にあり、電子マネーをはじめとした電子決済などが増えているといわれています。

一方で、電子決済で大失敗をしてしまい、破産してしまう人もしばしば出ています。

ここでは、そんな失敗を極力犯さないようにするために、電子決済に関する簡単なことについて説明しましょう。

そもそも電子決済とは

電子決済とは、その名の通り、商品やサービスの対価としてお金を払う際に、現金の代わりにカードやスマートフォンなどを使用して支払い手続きを行うというものです。

電子決済では、現金での決済でしばしば問題となる贋札への対処や釣り銭のやりとり時のトラブルなどが原理的に発生しないという利点があるといえます。また、家計簿アプリなどのサービスを利用することによって、お金の管理をしやすくなるという利点があります。

一方で、電子決済では、その方法によっては、不適切な使い方をしてしまったことによって、破産の原因になる場合がある点については、気をつける必要があります。

スマホで電子決済

様々な電子決済方法

さて、電子決済には、様々な種類があります。ここでは、系統別に書いていきましょう。

プリペイド決済

プリペイド決済とは、何らかのサービスの対価を払う前に、あらかじめ電子マネーに入金(チャージ)をして、購入時に入金した額から対価を支払うという方式のものです。この方法では、オートチャージなどを使っていない限りであれば、残高が上限となるため、うっかり使い過ぎてしまうという可能性は低いといえます。

チャージの方法としては、現金を使って行う方法と、クレジットカードやデビットカードを使って行う方法があります。

この方式では、SuicaやPASMO、ICOCAをはじめとした交通機関系のICカードや、WAONやnanaco、Edyなどをはじめとした、多岐にわたるサービスが展開されています。

ポストペイド決済

ポストペイド決済は、プリペイド形式とは対照的で、クレジットカードと同じく、サービスを受け渡し時の代金をクレジット会社に立て替えてもらい、後で実際に代金を返済するという方式です。これは、クレジットカードによる支払い方法と同じく、信用情報による取引方法となるため、遅延ないように利用できていれば、信用度が上がる一方で、不適切な利用の仕方などで浪費した場合、債務超過に陥る危険性はあります。

このタイプの決済では、基本的には、クレジットカードが必要になります。

この方式では、QUICPayや、iDなどが有名でしょう。

電子決済の世界

電子決済を使うときに覚えておきたいカード

さて、電子決済を行う場合、多くの場合、クレジットカードやデビットカードが求められるでしょう。しかしながら、クレジットカードやデビットカードについてわからない人も少なくはないでしょう。ここではクレジットカードやデビットカードについても説明していきましょう。

クレジットカードは後払い方式

クレジットカードは、サービスを受ける時の対価を払うときに借金をして、定期的にその借金を返すという方式の、いわゆる後払い方式のカードです。

多くの企業が顧客の獲得に熱心ということもあり、年会費無料のカードや、付加価値の多いカードなど、多岐にわたっているのが特徴として挙げられます。

クレジットカードの返済方式には以下の方式があり、うまく使い分けていく必要があります。

  • 一括払い: 締め日までの利用分を次の返済日に一括返済をする方式。手数料は原則としてかからない。一括払い専用カードを「チャージカード」として区別する場合もある。
  • 分割払い: ある決済を一定期間の期間(概ね2ヶ月以上)にかけて、返済する方式。金利の関係から、長期になると手数料がかかるようになるが、手数料は決済ごとに明確となる。
  • リボルビング払い: 決済ごとに支払うのではなく、合計の残高に応じて一定額以上返済する方式。返済の期間が長期に及ぶと手数料が高額になり、なおかつ決済ごとの手数料が不明瞭となる。クレジットカード会社にとってはもっとも収益性の良いものであるため、リボルビング払い専用カードも少なくない。

なお、クレジットカードを作る場合は、リボ払い専用カードは選ぶべきではありません。決済および返済の条件が比較的明確な一括払いおよび分割払いと比較すると、不明瞭になりがちであるからです。

デビットカードは即時払い

デビットカードは、サービスを受けるときの対価を払う際に、即座に銀行口座から金を引き落として決済を行う、即時払方式のカードです。

近年では、クレジットカード会社ブランドでデビットカードを提供しているケースも多く、実際の運用においても、基本的にクレジットカードを使う感覚でデビットカードが使えるようになっていることから、手軽に使えるという利点があります。

デビットカードは、即時払という特性上、基本的にはキャッシュカードと一体型というものが多いようです。

最後に

ここでは、電子決済やそこで覚えておくべきカード類について、ほんの少しだけ説明しました。社会人として生活している上で、電子決済の頻度も高くなっており、是非とも覚えておきたいものですので、さらに調べならがら、うまく付き合っていきたいですね。

キャリアカウンセリングのプロとして
あなたに合った案件をご案内します。

まずはお気軽にお問い合わせください!

イメージ