Photoshopの案件求人検索結果

■Photoshopとは?
PhotoshopはAdobeというアメリカの有名企業が提供している写真加工ソフトです。写真加工以外にもデザイン制作やイラスト、グラフィック制作が可能です。Photoshopはビット単位で編集する点に特徴があり、Photoshopとよく比較されるIllustratorは線で管理します。

そのため、ビット単位でデータ処理される写真などはPhotoshopで編集した方が綺麗、かつ効率的に編集可能です。Illustratorは名前の通りイラストなどのデザインがメインで、Photoshopは写真やそれに近いようなグラフィックなどの編集ツールだと考えると混同しにくくなります。

ただし、Illustratorで写真を編集することもできれば、Photoshopでイラスト制作を行うことも可能です。あくまでもビットと線という性質上それぞれに得意分野があるということで、もちろん重複する部分も多々あります。

Photoshopについて

Photoshopは世界中でもっとも普及している写真編集ソフトと言っても過言ではなく、画像編集やCG制作の会社で働くためには必須スキルとなります。Illustratorと比べると、ビット単位で機械的な編集に強みがあります。

逆にイラストやロゴなどを作るにはIllustratorの方が自由にデザインできます。このように違いがあるのですが、実際はPhotoshopとIllustratorを組み合わせて使用するケースが多いです。

レイアウトやロゴはIllustratorで作り、細かい部分はPhotoshopで加工していくということです。Photoshopは写真編集やデザインを行う業界に強く、Illustratorは印刷物などのデザインに強いということがありますが、業界問わずどちらも習得するのがベストです。

片方できればもう一方の習得も早く、また両方扱うことで新たな発見、スキルアップがあり、相乗効果があります。

■Photoshopの資格について
Photoshopの資格には、「Photoshopクリエイター能力認定試験」というものがあります。スタンダードとエキスパートの二種類にレベルが分かれており、Photoshopの能力を測る試験としてはもっとも有名です。

受験者の層はデザイン業界に就職したい学生が多く、就職にある程度有利な資格となっています。スタンダードはPhotoshopの基本的なスキル、知識を問う試験で、エキスパートはクライアントの要望に応えて自由に制作できるレベルです。

ただし試験の難易度としてはスタンダードもエキスパートもそれほど高くはなく、受験者の過半数が合格している状況です。つまり、Photoshopクリエイター能力認定試験を取得したからといって自分の市場価値が圧倒的に高まるわけではありません。

むしろ持っていて普通、持っていなくてもスキルがあれば問題ない、といった位置付けなので、勉強の過程でついでに取得するくらいの気持ちが良いでしょう。資格を取りさえすれば評価が上がって必ず就職できるというものではないので、資格を過信し過ぎないことが重要です。

■Photoshopの魅力・市場動向について
Photoshopは画像編集でのシェアはNo.1で、他を寄せ付けない圧倒的な地位を築いています。似たようなソフトウェアで人気のものにIllustratorがありますが、こちらはイラストやキャラクターデザインがメインのツールなので、棲み分けができています。

画像編集などの仕事に携わりたいのであれば、Photoshopのスキルは必須です。市場動向としても、今後急にPhotoshopがなくなることは考えられません。また仮にPhotoshopを超えるソフトウェアが誕生しても、Photoshopを通して身に付けたスキルは無駄にならないでしょう。

Photoshopを通して身に付けたスキルを活かしてそのまま新たなツールを使用すれば良いので、身に付けたスキルが無駄になるリスクはありません。Photoshopの使い方を身に付ければ基本的にそのまま仕事に活かすことが可能で、万が一Photoshopよりも優秀なツールが誕生しても、Photoshopの技術をそのまま流用すれば問題ないということです。

そういう意味で、長い目で見てもPhotoshopの学習効果は非常に高いです。

■Photoshopの勉強法について
Photoshopの勉強法としては、まずは実際に動かしてみるのがおすすめです。ある程度動かした後はやることがなくなるのでインプット中心の学習が始まりますが、最初に体験しているかどうかによってインプットの効率が変わってきます。

最初に実際に動かしてみることで、その後のインプットの際に実体験をもとにイメージすることができるのです。そのため、まずはPhotoshopの無料版をダウンロードし、動かしてみましょう。

動かしてみると言っても、直感的にわかる範囲で問題ありません。無料版にもチュートリアルがあるので、適当にやってみると良いです。この段階ではクオリティにこだわる必要はまったくなくて、実際に動かしてPhotoshopがどんなものか把握することが最重要になります。

実際にPhotoshopを動かして動作がわかったら、次にデザインを学んでいきます。ここからは何を作りたいかによって学ぶ内容が変わってきますが、写真編集なら写真編集、CG制作ならCG制作の基礎、デザインを学んでいくイメージです。

いったんPhotoshopを離れてインプット中心の学習になりますが、最初にPhotoshopを動かしたので、デザインの勉強をしながらもPhotoshopを操作して作成していくイメージがつかめます。

最初にデザインのインプットから入るとPhotoshopを動かすイメージがまったくないまま学習を進めてしまうため、少しもったいないです。どうせならPhotoshopを動かすイメージを持ちつつデザインの勉強をした方が効率的です。

デザインの基礎を学習したら、良いデザインを真似し、真似して作れるようになったらいよいよオリジナル作品を作ります。

案件探し登録

案件探し・フリーランスになるためのご相談はこちら

相談する