Swiftの案件求人検索結果

■Swiftとは?
Swiftはappleが開発した歴史の浅いプログラミング言語で、MacOSとiOS上でのみ動きます。なので、主にiOS用のアプリ開発に使用されるケースが多いです。appleが作っただけあってMacがないと開発できないというデメリットがありますが、言語仕様としては優れています。

従来まではMacOSやiOSの開発ではObjective-Cを使用することが多かったですが、Swiftが誕生した2014年以降はSwiftがメインで使用されています。Objective-Cはネーミング的にはC言語のような感じがしますが、実際は全然違います。

Objective-Cは構文が独特で他の言語経験があっても実装が難しいという特徴があり、他のオブジェクト言語での開発経験があっても苦戦するエンジニアが多かったです。そこで誕生したのがSwiftで、この新しく誕生したプログラミング言語は大変便利だと多くのエンジニアが喜びました。

Swiftについて

Swiftのイメージとして自由度が高いと勘違いされることがありますが、実際はルールが厳しい言語です。まず上記の通りOSが制限されており、変数の型に関しても厳しいです。肩の宣言が必要なことはもちろんのこと、型変換すらできません。

最近の言語は型宣言が不要のものもあり、そういう意味でSwiftは意外とルールが厳格です。おそらくバグを最大限防ぐためにそのようになっているのかと思うので、ある意味プログラミング初心者には良いかもしれません。

型宣言などの概念についてわかった上で省略するのは良いのですが、そもそも知らないといざルールが厳しめのプログラミング言語を扱う際に戸惑います。そこで、初めての言語としてSwiftを選ぶとプログラミングの基礎ルールを徹底して覚えることができます。

ルールは厳しいもののObjective-Cのような特殊性はないので、他の言語に応用しやすい言語と言えるでしょう。実際Swiftは本業がプログラマーでない人が独学で身に付けるケースも多く、その理由は個人でiPhoneアプリを作るためです。

あまりプログラミング関連書籍を取り扱っていない書店でもSwiftに関する書籍が置かれているくらいで、iPhoneアプリを作りたいならまずはSwiftを学ぶ、という風潮になっています。

Swiftに関する書籍は基礎からみっちり学習するためのものもありますが、週刊誌程度の分厚さの雑誌もあります。スマホの便利アプリ特集くらいの軽い感じでSwift特集が組まれている場合もあり、プログラミングのまったくの初心者の場合そういった雑誌の方が取っつきやすいかもしれません。

Swiftの内容だけでなくプログラミングが誰でも参入しやすい世界であることがよくわかるので、まずはプログラミングを身近なものに感じるという意味でも雑誌を手に取ってみるのはおすすめです。

実際私もSwiftに関する特集が組まれた雑誌を立ち読みしたことが何度かあるのですが、学習方法や環境構築についても意外としっかり書かれており、雑誌を読みつつ基礎学習をWebサイト等で行えば、まったくのプログラミング初心者であってもiPhoneアプリをリリースできそうな感じでした。

Swift学習者の多くはiPhoneアプリの作成を目的としているため、学習コンテンツもそのように組まれています。そういう意味では、他の言語よりも目的が明確なので楽しみながら学習することができるでしょう。

■Swiftの資格について
Swiftはまだ市場に出てきて間もない言語なので、Swift専用の資格はありません。またSwiftはMacOSとiOSに特化したプログラミング言語なので、資格はいいからとにかくアプリを作ろう、という方向性です。

IT業界は今後ますます資格ではなく実務経験や学習意欲を重視する傾向になるので、Swiftのような新しい言語は特に資格ではなく実際に役立てることを考えた方が良いです。

■Swiftの魅力・市場動向について
Swiftの魅力は、小規模開発から大規模開発まで幅広く対応していることです。開発プロジェクト現場での需要が大きいことはもちろん、個人で活動しているフリーランスにとってもメリットが大きいです。

Swiftが個人でのアプリ開発に向いていることは上記の通りですが、言い換えれば在宅やノマドで受注できる案件が多いということです。少人数でかつオンライン上だけのやり取りで開発されているSwift案件はかなり多いので、将来的に個人事業主を目指したいエンジニアにとってSwiftは学習価値が高いと言えるでしょう。

しかし、SwiftはObjective-Cの代わりとしてappleが用意しただけのものだし、ブームが過ぎればすぐに使われなくなるのでは?と思われている方もいるかもしれません。それに関しては、たしかにその通りです。

Swiftのブームが過ぎて使われなく可能性は十分にあります。ただしだからと言ってSwiftの学習価値が低いわけではありません。Swiftのブームが過ぎればそれに代わる言語への書き換え案件が増えるでしょうし、現状Swiftが人気である事実は変わりません。

またSwiftの構文は汎用性が高いため、Swiftでのコーディング技術が身に付けば十分他の言語にも対応できます。IT業界は技術の変遷が早く今身に付けているスキルが陳腐化してしまう可能性は高いのですが、変わらない核となる部分も存在します。

たとえばアルゴリズムは普遍的なもので、コーディングに関しても基本的なロジックは変わりません。つまり、一つの言語を身に付けていればたとえその言語が陳腐化しても、新たな技術に対応できるということです。

そして、なかでもSwiftに用いられる構文は汎用性が高く学習価値も高いです。

■Swiftの勉強法について
Swiftの勉強方法は上でも触れましたが、雑誌やWebページ上の情報を基に基礎をインプットし、ある程度理解できたらさっそく開発に取り組むのがおすすめです。新しい言語である分環境構築も簡単にできるようになっており、プログラミング初心者でもSwiftでのアプリ開発に取り組めるようになっています。

初心者が遊びでアプリ開発できるような言語なので、エンジニアやエンジニアを志す方ならなおさらSwiftでのアプリ開発は参入障壁が低いです。もちろんリリースしてダウンロード数を増やすレベルになると難易度は高いのですが、一人で試しに作ってみるレベルなら簡単なので、ぜひチャレンジしてみてください。

案件探し登録

案件探し・フリーランスになるためのご相談はこちら

相談する