PHPの案件求人検索結果

■PHPとは?
PHPの需要は幅広く、全世界のWebシステムのうち40%は何かしらの形でPHPが含まれています。日本の開発案件でもPHPの需要増加はひしひしと感じられますが、世界的に見れば日本以上にPHPがメイン言語として浸透しているのです。

その背景には、ソーシャル系アプリやWordPressなどのCMSの増加があります。普段こういったCMSを個人で利用されている方は、クライアント側のレイアウトや処理をHTML、CSS、JavaScriptなどで書き換えることが多いのではないでしょうか。

もちろん書き換えなしに使えるのでわざわざ書き換えている人自体少数派かもしれませんが、クライアント側を書き換えるなら上記のような言語がメインです。しかし、CMSのサーバーサイドのメイン言語はPHPです。

個人でサーバーサイドを書き換えることはまずないのですが、求人案件にはサーバーサイドのPHPエンジニアが豊富です。エンジニアはなるべく市場価値の高い言語を勉強して選べる求人を増やすと仕事がなくなることを避けられます。

その言語が昔はCobol、C言語、Java、と変遷してきたわけですが、現状はPHPが時代の中心と言っても過言ではないかもしれません。CobolがなくなったわけではないですしC言語やJavaは現役バリバリですが、これらの言語をPHPに書き換える案件も増えており、今後は初めて学ぶ言語としてPHPを選択する人も増えていくでしょう。ちなみに、私はCobolでした。

またPHP案件の特徴として、小規模システムから大規模システムまで対応しているという特徴もあります。Cobolはもちろん汎用機など大規模システムにのみ使用されており、JavaやC言語も比較的大きいシステム向きです。

しかし、PHPはECサイトなど小規模なWebサービス開発にも利用しやすいので、結果的に在宅ワーカーやノマドワーカーにも選ばれています。実際そういった案件も多いので、PHPを学べば将来的に自由度の高い案件にアサインできる可能性が高いということです。

会社員から独立してフリーランスとして案件を受注したい方にも、PHPはおすすめできる言語と言えるでしょう。

PHPについて

PHPはオープンソースの汎用スクリプト言語で、HTMLに埋め込むことのできる利便性の高い言語です。使い方としてはJavaScriptに近いのですが、PHPはサーバーサイドでコードを実行するという点で違いがあります。JavaScriptで書かれたコードはWebサイト上の見えるところで実行されることが多いので身近ですが、PHPは裏側で動くためいまいちぴんと来ない方もいるかもしれません。

またサーバーサイドで実行されるだけあってデータベースとの相性も良く、MySqlやPostgreSQLなどの言語と連動したWebサイトが作りやすいです。実はWebサイトを作るCMSもPHPで記述されていることが多く、データベース上にあるページをPHPを実行して表示しています。

ユーザーからのアクセスからデータベースに接続してそれを表示するまで、PHPで完結するということです。

■PHPの資格について
PHPの資格ではPHP技術者認定試験が認知度的にも評価的にも高いと言えます。グレードがそれぞれ分かれており、初級試験、上級試験、認定ウィザード、となっています。試験内容はソースコードの解析がメインです。

Javaの認定試験を受けたことのある方は多いかと思いますが、それのPHP版と考えるとわかりやすいでしょう。処理が記述されており、その結果の出力を選択するイメージです。正直なところ微妙な引っ掛け問題や普段PHPを使っていて書かないような書き方が多く微妙なポイントもあるのですが、ソースコードを読む練習にはなります。

試験の勉強方法としては、実際にPHPを使ってシステムを作ることと、試験問題を解くことの両面から対策していくのがおすすめです。PHPの実装経験があれば試験問題も解ける気がしますが、試験問題特有の引っ掛け問題が多いので、あらかじめ傾向は見ておいた方が良いでしょう。

逆に試験問題ばかり解くのはおそらくつまらなくて苦痛なので、PHPの書き方は実践を通して学び、試験問題の傾向を過去問からつかんでおくと良いです。PHP技術者認定試験はPHP技術者としての一定の評価につながりますが、IT業界では基本的に資格よりも実務経験や技術が評価される傾向にあります。

SIerではまだ資格が評価されるのですが、Web業界では特に実践を通して学んだ方が評価されやすいです。資格を第一に考えるのではなく、実践を通してPHPを学びつつ、資格も補助的に取得しておく、という考え方が良いですね。

■PHPの魅力・市場動向について
PHPの魅力は、上記の通りの利便性の高さと記述の簡単さです。まず関数が豊富に用意されているため自分でロジックを実装しなくても呼び出すだけで処理されることが多く、また変数の扱いも簡単です。

キャストしなくても自動的に型が変換されるので、エラーが起こりません。もちろん開発現場ではエラーにならないからといって型を気にせず値を放り込んで良いわけではありませんが、初心者が学習する際にはエラーが起こらない方が良いでしょう。

市場動向に関しては、上記の通り今後も伸びていくと考えられます。世界中でPHPがWeb開発のメイン言語になっているので、PHPができれば仕事があります。小規模開発に対応しやすい分在宅ワーカーを目指すエンジニアにもメリットがあるので、学習価値は高いです。

■PHPの勉強法について
PHPの勉強法は他の言語同様インプットとアウトプットの二軸で学習します。媒体に関しては、書籍でもWebサイトでも動画でもなんでも問題ありません。個人的には、無料の動画サイトで基本構文を把握したら、さっそく何か簡易的なアプリを開発してみるのがおすすめです。

特に他のプログラミング言語の経験があれば、PHPは書きやすいと感じるはずです。HTMLやCSSの経験しかない場合はアルゴリズムの基礎学習なども必要ですが、Javaなどの経験があればそのままPHPでアプリ開発しても対応できるかと思います。

実装しつつ、わからない点を調べながら作業を進めていけば良いでしょう。

案件探し登録

案件探し・フリーランスになるためのご相談はこちら

相談する