ActionScriptの案件求人検索結果

■ActionScriptとは?
ActionScriptは、アドビシステムが開発したFlashに使用するためのプログラミング言語です。スクリプト言語ですが、Flashに特化しているという意味でJavaScriptやPerlとは異なります。

使用目的としては、Flashに組み込み、アニメーション作成、3D表現、オブジェクト表示などです。タイミングや内容を細かく決められる点でメリットがあります。Flashはプログラミング言語なしでもある程度自由に操作できますが、細かく操作するためにはActionScriptが不可欠です。

ActionScriptは上記の通りJavaScriptやPerlと同じスクリプト言語ですが、言語仕様としてはJavaに一番近いです。クラスの書き方やロジックはほぼJavaと同じです。

ActionScriptについて

ActionScriptは一般的なプログラマーにとってはあまり馴染みのないプログラミング言語で、あくまでもゲームのFlash、アニメーション、動画、など特殊な実装を行う人のためのものです。

普通のWebサイトに組み込むような簡易的なFlashならJavaScriptでも事足りるからです。本格的なFlashを取り扱う場合、ActionScriptはJavaScriptよりも処理速度が速く自由度も高いです。

■ActionScriptの資格について
ActionScriptの資格はありません。ActionScriptはFlashで使用するプログラミング言語のなかではもっとも知名度が高いですが、資格まではないようです。理由としてはいくつか考えらえますが、Flashを使用する業界は資格を重視しない傾向にあるから、というのがもっとも大きな理由と考えられます。

プログラマーのなかでもFlashを使用するのはゲーム業界がもっとも多く、ゲーム業界は資格などまったく気にしない傾向にあります。ソーシャルゲームなどはとにかく最新技術をキャッチアップして作っていくことに力を入れており、それがすべてです。

SIerやWeb業界と比較してもゲーム業界は事情が特殊で、最新技術を学ぶことが重要になります。私自身ゲーム業界を検討したこともあるのですが、やはり大変そうで、結局SIerやWeb業界を選んだ、という経験があります。

ゲーム業界は待遇がそれほど良いわけでもないのに激務の傾向があり、ゲームが大好きで作りたくてたまらない、といった人でないとなかなか仕事が続きません。それだけ過酷なので、資格なんか気にしている場合ではない、ということもあります。

SIerに比べるとWeb業界も技術の変遷が比較的早いですが、ゲーム業界はWeb業界よりもかなり変遷が早いです。そのため、常に新しい技術をキャッチアップして開発に反映していかないと追い付きません。

資格試験は制作するのに期間が必要なため、完成した頃にはすでに内容が陳腐化してしまうのです。もちろんゲーム業界でもプログラミングの基礎知識は必要なのですが、基礎を学んだらどんどん新しいものを取り入れていく必要があるため、資格の存在は非常に中途半端なものになります。

ActionScriptはそのようなゲーム業界で主に使用されるプログラミング言語なので、資格は必要ないと言えます。

■ActionScriptの魅力・市場動向について
ActionScriptの魅力は、Flashを扱う業界では唯一無二のポジションを築き上げていることです。たとえばWeb業界ではJavaやPHPやRubyやPythonなどいろいろな言語が選択されますが、ゲーム制作のFlashについてはほぼActionScript一択です。

簡易的な処理ならJavaScriptを使用することもありますが、ゲームでJavaScriptを使用することはあまりないです。ライブラリも少ないうえに必要な機能を実装しきれないので、ActionScriptを使用します。

市場動向については、今後もActionScriptは使われ続けるでしょう。特にFlashが実装できる言語は他に出てきておらず、またフレームワークの機能等だけで対応できることも限界があります。

ライブラリが豊富になって実装しなければならないことが減っていく可能性はありますが、ゲームなので、業務アプリのように使い回しでどうにかなる部分は少ないです。ゲームは常にユーザーからの要望のレベルが上がっていくため、今年のものをそのまま来年も使えるわけではありません。

業務系アプリなら機能さえ満たせば良いので数年前のものでも使い回せる場合が多いですが、ゲームは常に新しいものを取り入れる必要があるので、ライブラリすらすぐに古くなってしまいます。

■ActionScriptの勉強法について
ActionScriptの勉強法は他のプログラミング言語と同じで、まずは書籍やWebサイトや動画でインプットを行います。基本的な構造はJavaやJavaScriptと重複しているため、インプットの途中にアウトプットを挟む作業はそこまで必要ないかと思います。

プログラミングにあまり慣れていない方がいきなりActionScriptを選択するケースは少ないので、他の言語と異なる点だけ意識しつつインプットは早めに終わらせると良いでしょう。

インプットが終わったら環境構築して実践に入っていくと良いです。実践と言っても簡単なコードを試しに実行するのではなく、できればFlashで開発していくということです。Flash以外の部分も実装する必要があるので他の言語と連動させる必要があるかもしれませんが、ActionScriptと合わせて他の言語の学習にもなるので一石二鳥かと思います。

結局のところプログラミング言語は作りたいものを試行錯誤、リサーチしながら作り込んでいく過程でもっとも上達するので、その方法をおすすめします。教科書に従ってコーディングすることも基礎を押さえる上では有効ですが、それだけでは当然自分の作りたいものは作れません。

なので、トライ&エラーで実践に取り組んでいきましょう。

案件探し登録

案件探し・フリーランスになるためのご相談はこちら

相談する