JavaScriptの案件求人検索結果

■JavaScriptとは?
JavaScriptはクライアント側の処理に利用されるのが一般的で、実はWebサイトのなかのユーザーの目に触れる部分で多く使われています。たとえばユーザーがwebサイトにアクセスしたらサーバーが応答してサイトを表示していますが、その際のクライアントサイドの実装はだいたいJavaScriptです。

他には、webサイトにアクセスして何か入力して決定ボタンを押してサーバーに情報を送ることがよくあるかと思います。その際には入力ボックスに入力された文字列は適正か、空欄がないか、といったチェックを行うのですが、そのチェックもJavaScriptが使用されることが多いです。

イメージとしては、webサイトのレイアウトはHTMLやCSSで実装しますが、次にそこからの最初の処理の実装はJavaScriptです。実際の開発現場ではクライアントサイドとサーバーサイドで担当が分かれることが多いですが、クライアントサイドが最初に処理を実装するのがJavaScriptということです。

JavaScriptからJavaなどの言語にアクセスし、データベースからデータを取得したりサーバーに情報を受け渡します。クライアントが目に見えるアクションはJavaScriptで実装されていることが多い、と覚えておくとわかりやすいです。

JavaScriptについて

JavaScriptはフロントエンドを担当するエンジニアなら必須スキルと言っても過言ではなく、フロントエンドを担当していてまったくJavaScriptを扱ったことがないエンジニアはほぼいないかと思います。

また、webアプリケーションだけでなくスマホアプリでもJavaScriptの活躍機会は多いです。最近だと、VRやIoT、AIにも噛んでいるので、学習価値は非常に高いと言えます。ちなみにJavaScriptはオブジェクト指向ですがJavaとはまったく関係ありません。

なぜ名前が似ているのかはわかりませんが、JavaとJavaScriptを混同しないようにしましょう。エンジニアからすると当たり前なので言うまでもないのですが、プログラミング書学者の場合たまに混同してしまいます。

実際私もプログラミングをまったく知らない頃は、JavaとJavaScriptを似たようなものだと思っていました。実際やってみたら全然違ったので、別のスキルになります。またwebサイト閲覧する際に、JavaScriptをオフにすることも可能です。

JavaScriptをオフにしてみるとかなり不便なので、webサイトでJavaScriptがいかに使われているかがよくわかります。

■JavaScriptの資格について
JavaScriptは利便性が高くどこにでも使われるプログラミング言語ですが、多くのエンジニアにとってメインとなる言語ではありません。システムのメイン処理はJavaScript以外の言語で実装することが多いため、JavaScriptはあくまでも多くのプロジェクトで使用される補助的な言語といったところです。

そのため、JavaScriptの資格取得を目指すのはエンジニアというよりはWebデザイナーなどです。Webデザイナーの仕事はデザインがメインであるため、プログラミングはさほど行いません。

プログライングするとしてもHTML、CSSがメインで、そこに処理を付けるならJavaScriptで実装するといったイメージです。つまり、WebデザイナーにとってはJavaScriptがもっともプログラミングらしいプログラミング言語なのです。

エンジニアにとってJavaScriptは比較的軽い処理を実装する利便性の高い言語ですが、Webデザイナーにとっては一番本格的なプログラミング言語です。なので、JavaScriptの資格取得を志すのはWebエンジニアが中心になります。

ただしJavaScriptだけにとっかした資格試験は存在せず、HTML、CSSとセットでJavaScriptが出題される資格試験があるのみです。この資格はHTMLがメインなので、やはりWebデザイナー向きでしょう。

■JavaScriptの魅力・市場動向について
JavaScriptは今後も変わらず使われ続けると考えられます。現状特に問題点は見当たらず、JavaScriptに取って代わる言語を考えている人は法人でも個人でもあまりいないかと思います。

ということで、今後もしばらくはJavaScriptがそのまま使われると思われます。しかし、上記の通りエンジニアにとってJavaScriptはメイン言語ではなく、クライアント側の軽い処理を実装するためのものです。

メインで得意な言語は他に持っておくべきなので、そういった観点からJavaScriptは補助的な言語として学習すると良いです。

■JavaScriptの勉強法について
JavaScriptの勉強法は、基本的な部分をざっと書籍やwebサイトで確認し、あとは実際にコーディングしてみると良いです。おそらく一番最初のプログラミング言語にJavaScriptを選択する人はあまりいないかと思います。

HTMLやCSSを先に学習しているか、Javaなどの言語を学んでからJavaScriptに入るケースが多いでしょう。特に、JavaやC言語がすでにある程度できるならJavaScriptはそれらよりも簡単に感じるはずです。

言語構造はオブジェクト指向ですが、変数の型宣言もコンパイルもありません。なので、他の言語のあとにJavaScriptを学習すると無理なく習得できるでしょう。ただし、HTMLやCSSしか経験がない場合、JavaScriptの実装は少し難しく感じるかもしれません。

HTMLやCSSもある意味うまくいかず難しいことが多いのですが、JavaScriptはそれとは異なり処理を考える必要があるので、いわば脳の使い方が違います。個人的にはCSSのレイアウトがうまくいかない感じが一番苦手ですが、人によっては直感的に扱いにくいJavaScriptなどの言語の方が難しく感じるかもしれません。

その辺は人によるので、やってみないとわかりませんね。どうしても独学が厳しそうであれば、スクールに通うのもありで、オンラインスクールも多数あります。そうは言っても今は無料の動画サイトなども多数あるので、独学が特別厳しいというわけではありません。

プログラミングのまったくの初心者向けの情報も充実している時代で、無料でもスクールと同じくらいの情報を得ることが容易です。スクールの良い点としては講師が自分の現状を把握してくれることや、質問に答えてもらうことができることでしょう。

情報の質としては独学でも同等なのですが、たとえばバグの解消などは自分の状況独自の問題なので、初心者だと解消が難しいこともあります。試行錯誤しながらバグと向き合うのもスキルアップには有効なのですが、なるべく効率的に最大限無駄なく学習を進めたい方はスクールという選択もありです。

案件探し登録

案件探し・フリーランスになるためのご相談はこちら

相談する