お役立ち情報

ITエンジニアが年収1000万円!プログラマーに出来る?インフラ?ネットワークなら可能?

年収1000万円イメージ

ITエンジニアは高収入が目指せる業種として有名ですが、実際は格差は広がる一方です。ブラック企業で働き低年収のITエンジニアもいれば、億単位の年収を稼ぎ出すITエンジニアもいるのが現状です。

しかし、高収入のエンジニアは市場全体のごく一部で、天才しか稼げないのでは?と思われるでしょう。事実高収入のエンジニアは業界全体のなかでも一部です。天才か努力か何が必要なのかは人によって意見が異なります。

このページでは、どのくらいのエンジニアが高収入を稼ぐことができるのか、どうすれば高収入のエンジニアになれるのかを解説していきます。

ITエンジニアは年収1000万にいける?

結論から言うと、ITエンジニアが年収1000万円を目指すことは可能です。現状大手企業で働いている方だけでなく、中小企業でそれほど年収が高くない方であっても、年収1000万円を目指すことは不可能ではないでしょう。

または、ブラック企業のITエンジニアであっても年収1000万円を越えることは可能です。働き方の自由度が高いIT業界なので、その分年収アップを目指した動きも自由です。年収アップを目指すためのキャリアはいくつかありますが、大きく分けると以下の二つです。

  • マネージメントやコンサル業務を中心に行い、年収の高い企業に転職する。
  • フリーランスエンジニアとして市場価値の高い技術を身に付ける。

絶対にこの通りというわけではありませんが、基本的に会社員として年収1000万円超えを目指すのであれば、マネージメント業務やコンサル業務中心に行った方が良いです。会社員は上流工程ほど年収が高くなる傾向にあるので、とにかく上流工程を目指すのが先決です。

出来るエンジニア

また、大手企業ほど年収が高い傾向にあるので、マネージメントで大手です。技術職でも外資系なら一部例外的に年収が高いこともありますが、基本的には上流工程を目指すのがおすすめです。

一方で技術重視で年収1000万円を目指すのであれば、フリーランスになるのがおすすめです。会社員だと仲介料を取られるので年収は下がりますが、エンジニアのなかでも開発を担当する下流工程だとその傾向がより顕著です。

フリーランスになれば会社員よりも抜かれる仲介料が減るので、開発職でも年収1000万円を狙えます。また、自分で案件を選べることも大きいでしょう。フリーランスの場合自分が狙ったスキルアップをしやすく、市場で需要の高い案件を狙って参入することも可能です。

市場価値の高いスキルを身に付けつつ案件を獲得していくことで、年収を上げていくことが可能です。会社員のエンジニアの場合、案件を選ぶことは難しいです。場合によってはあまり汎用性のないスキルを使用している現場に入れられることもあり、一生懸命働いたにも関わらず、案件が途切れたら参入できる現場がない、といったこともありえます。

会社員の技術者は市場を見てニーズの高い技術を使った案件を狙うということができないので、フリーランスになるのがおすすめです。ちなみに、マネージメントやコンサルのフリーランスも年収は高いです。

会社員なら上流工程、フリーランスなら上流工程、下流工程どちらでも年収1000万円を狙えるということになります。人によって考え方は異なりますが、やる気があって高い年収を狙うのであれば、どちらかというと会社員よりもフリーランスがおすすめです。

会社員だと市場に合わせて仕事を選ぶことをしにくいので、スキルアップに関してもフリーランスに分があると言えます。
窓辺のエンジニア

年収1000万以上の人の割合って日本ではどれ位?

年収1000万以上の人の割合は、日本では4%~5%程度です。年収1000万円と言っても額面の話で、手取りだと700万~800万の人も含まれます。手取りで1000万円越えの人となると、かなり限られるでしょう。

業界としては、総合商社、コンサル、メガバンクなどが特に高収入の傾向があります。平均年収で言うとIT業界はこれらの業界にはかないませんが、上述の通り格差が大きいです。厳密なデータがあるわけではありませんが、億単位の超高収入を得ている人はIT業界に多いでしょう。

IT業界は年収が低い人から高い人までいるので平均年収はそこまで高くないですが、広くチャンスのある業界です。

参考URL
http://raorsh.com/1000man

どんな職業が多いの?

商社マン、銀行員、コンサルタントは年収が高い傾向にありますが、1000万円前後に集中しています。つまり、平均的に高収入で年収が低い人がいませんが、逆に言えば突き抜けて高収入の人も少ないです。

IT業界は平均的な年収はそこまで高くありませんが、突き抜けて高収入を得られるチャンスがあるので、おすすめの業界です。

ITエンジニアの目指す年収1000万、可能性は全体の5%以内

ITエンジニアのなかで年収1000万円を超えているのは5%程度です。この数字は、全業界を含めた割合と同程度になります。IT業界は年収1000万円超えが多いイメージがありますが、実際はごく一部ということです。

しかし、誰にでもチャンスがあり、商社や銀行やコンサル業界のように一部の高学歴やレールにうまく乗っていた人のためだけのものではありません。このように大手企業が独り勝ちしている業界だと、いわゆるエリートコースから外れた人にはなかなかチャンスがありません。

子供の頃から英才教育で勉強して、留学して、きちんと新卒で就活して、社内でもエリートコースに乗って、年収1000万円を超えるイメージです。どこかで躓くとたちまち年収が上がらなくなってくるので、ある意味厳しいと言えます。

一方で、IT業界なら誰にでもチャンスがあります。方法もいくつかあり、他の業界からの参入者や、元ニートなどから1000万円越えの事例も多々あります。ただし、IT業界だからといって楽に年収1000万円超えが実現できるわけではありません。

それ相応の技術力や市場を見定める経営的視点、マーケティング能力などが求められます。これについて、以降で解説していきます。

アドバイスをするエンジニア

弊社で見るこんな能力がある方は1000万に届いている

年収1000万円を超えるために必要な能力について解説していきますが、前提として、100%この能力があれば年収1000万円を越えると断言することはできません。なぜなら市場に求められるスキルや状況は日々変化し、IT業界は特に変遷が激しいからです。

ただし、挙げるとすると、以下のような能力が挙げられます。

  • 市場分析力
  • マーケティング力
  • 技術力
  • コミュニケーション能力
  • 実行力(モチベーションキープ)

以上のような能力が必要です。IT業界で年収1000万円超えを目指すためには、いろいろな職種があります。会社員、フリーランス、個人起業家、経営者、どの立場でも年収1000万円越えを実現することが可能です。

しかし、いずれの場合にも上述のような能力が必要になります。まず市場分析力に関してですが、これは経営スキルとも言えるでしょう。経営者だけでなく、会社員やフリーランスも高い年収を目指すためには欠かせない能力です。

市場に求められている技術や高収入が狙えそうなスキルをまずは選定していく必要があるので、そのこの視点が欠けていると年収は上がりにくいです。いくらスキルアップのために努力していても、そのスキルが市場に求められているものでなければ年収は上がりません。

そのため、まずは市場を分析し、自分が身に付けるべき能力を選定するためのスキルが必須です。次にマーケティング能力が求められます。市場に求められているスキルを選定して身に付けたら、それを売り込む必要があるでしょう。

自分自身を商品として会社に売り込むのも一つの手ですが、たとえばフリーランスとしてシステムを売り込むことも可能です。次に技術力に関してですが、これも市場分析力とマーケティング力あってのものです。

技術力が高いとたしかに年収は上がりやすいのですが、技術力があっても低年収で働いているエンジニアは数多いです。ではなぜそのようになるのかというと、市場を分析して自分を売り込む作業を行っていないからです。

せっかく高い技術力があるのなら、市場を分析し、自分自身をより高く売り込んでいく作業をした方が良いです。また、技術力が高くても、それが市場でニーズの大きいものではない可能性もあります。

その場合は、市場を見た上で、求められている技術を身に付ける必要があるでしょう。コミュニケーション能力に関しては、何を売りにしていくにも重要です。IT業界でマネージメントやコンサルをやるならもちろんのこと、技術メインで稼ぐにしてもコミュニケーション能力は重要です。

特にフリーランスの場合自分で自分を売り込む必要があるので、その際に適切なコミュニケーションを取る必要があります。最後に実行力が必須です。最重要とも言えるかもしれません。

思案するエンジニア

やり方が間違っていたら元も子もないのですが、正しいやり方を考えるところから、天才にしかできない作業ではありません。市場分析、マーケティング、技術を磨く、といったことは一部の人にしかできないことのように思えるかもしれませんが、そんなことはありません。

一つ一つの作業は地味で、コツコツ取り組む必要があります。ではなぜ結果的に一部の人しか年収1000万円を越えることができないのか、きちんとスキル選定せずにニーズに合ってないことをやってしまうのか、こういった疑問が出てきます。

結論としては、「わかっていてもできない」からです。何が必要かを考え取り組む作業は難しいようで、地道な作業の積み重ねです。すべては地道な作業の繰り返しなのですが、それが難しいのです。

「こういったスキルがあれば稼げる」「スキルを身に付けるには何をすれば良い」と明確にわかっていてもモチベーションをキープすることが難しいのです。最初の一歩を踏み出すことも難しいですが、仮に踏み出せてもそれを維持することが難しいです。

何も考えずに取り組んだりとにかくがむしゃらに取り組むのは間違いですが、正しい方法を考えるところから継続して努力できれば、年収は上がるはずです。特にフリーランスなら自分の努力がそのまま収入に反映されるので、年収1000万円を目指して継続的に努力できる自信がある方には、特にフリーランスがおすすめです。

結論!ITエンジニアが年収1000万円にいくためには?

ITエンジニアは人によって年収のバラツキが大きいのですが、努力次第で年収アップしやすいという魅力もあります。具体的には、以下のような方法で年収1000万円にいくことができます。

フリーランスになる

ITエンジニアが年収1000万円を目指すには、フリーランスはベストな選択と言えるかもしれません。一見するとフリーランスエンジニアはリスクが大きいように思えるかもしれませんが、仕事がないということはないかと思います。

今の時代フリーランスエンジニア向けの案件紹介サイトは数多いので、スキルに応じた案件を獲得できます。私自身フリーランスでエンジニア向け案件を獲得した経験がありますが、スキルが低くても仕事自体はあります。

フリーランスは食べていけない、というイメージもあるかもしれませんが、仕事がないというよりは単価が上がらない、その結果モチベーションが上がらずに仕事をしなくなる、といった流れが大半かと思います。

つまり、仕事がないのではなく、自己管理できずに仕事に着手できないことが直接的な原因です。エンジニアに限らず、フリーランスは自己管理能力が最重要です。自己管理ができて仕事に集中すれば、たとえ最初のうちは単価が低くてもスキルアップに応じて高単価の案件を獲得できるようになります。

スキルが身に付けば仕事を選ぶことができるので、スキルアップの方向性を自分で選定し、より高収入を狙えます。自己管理しつつ仕事を継続し、勉強し続ければ年収1000万円も夢ではありません。

時間や集中力が持続する限りいくらでも仕事を取ることができるので、ひとことにフリーランスで年収1000万円と言ってもいろいろな選択があります。たとえ単価が低くてもひたすら案件数をこなすという戦略もあれば、効率的に高単価の案件を獲得するという選択肢もあります。

または、自分でアプリ開発して販売料や広告収入を得るという選択肢もあります。いずれにしても、スキルアップに応じて選択肢と可能性が広がります。

副業をする

上記の通りフリーランスエンジニアは年収の上限がないため年収1000万円も夢ではないのですが、最初からいきなりフリーランスエンジニアを目指すことにリスクを感じる方もいるかもしれません。

その場合、副業から徐々に始めるのもありです。なかには、副業が本業の収入を上回るケースもあります。副業が軌道に乗れば、そこからフリーランスに移行することもできます。

CTOを目指す

CTOとは最高技術責任者のことです。最高技術責任者は企業の技術部門のトップなので、一般的なエンジニアよりも年収は高くなります。年収1000万円も夢ではないでしょう。しかし、企業内で出世する必要があるため、すぐにCTOになれるというわけではありません。

そして個人の努力だけではなくチームで動く必要があるので、ひたすら個人的な努力で年収1000万円を目指すのであればフリーランスの方が難易度は低いかもしれません。

ITエンジニアが年収1000万円になりやすい言語は?

次に、ITエンジニアが年収1000万円を目指すうえでおすすめの言語を紹介します。

PHP

PHPはおすすめのプログラミング言語No.1と言っても過言ではないでしょう。会社員のエンジニアはJavaやC言語の案件の方が多いかと思いますが、フリーランスだと実はそれらのプログラミング言語の案件はやや少なめです。

一方で、PHPは小規模なWebシステムから対応しているため、フリーランスエンジニアが在宅やノマドで取り組めるような案件が非常に多いです。フリーランスエンジニアが次に学習するプログラミング言語に迷ったら、真っ先におすすめできるのがPHPです。

Ruby

Rubyは日本発祥のプログラミング言語なので、特に日本のシステム開発で積極的に使用されています。フレームワークの利便性や言語仕様の無駄のなさから近年注目を集めているプログラミング言語なのですが、Rubyを使えるエンジニアが少ないのが現状です。

案件数的にはPHPほどではないので先にPHPを学習することをおすすめしますが、併せてRubyを学習すれば、エンジニアとしての希少価値が高まります。

Unity

Unityはプログラミング言語ではなくゲームエンジンですが、プログラミングなしでプログラミングしたかのようにゲームを作り込める便利なものです。視覚的に操作できるのですが、Unity上にプログラミングを行うこともできます。

言語としては、Unity ScriptとC#の二種類です。表面的な動作はUnity Scriptで作り込み、内部のロジックはC#で作るという使い分けが一般的でしょう。

ITエンジニアが年収1000万円になるための次の一手は?

ITエンジニアは上記の通りフリーランスとして働くこともできれば、会社員として働くこともできます。一般的にフリーランスは自己管理能力が求められ、会社員は会社のルールや現場ルールに対して忠実に働く必要があると言われます。

実際、そういった面もあるでしょう。しかし、両方経験した立場としてはどちらもそれほど変わらないように感じます。たしかに会社員は時間通りに出勤する必要がある、フリーランスは自分で努力する必要がある、などの表面的な違いがあります。

しかし、たとえ会社員でも自分で努力してスキルアップしていかないと市場価値がなくなり、仕事がなくなっていきます。IT業界ではあまり窓際族のようなポジションが用意されていないので、仕事がなくなって居場所がなくなる、自主退職を全力で勧められる、といった状況に陥る可能性もあります。

またフリーランスであっても、自己管理しながらきちんと仕事に取り組まないと信用がなくなりますし、スキルが身に付かないため収入も上がりません。そういった意味では、会社員でもフリーランスでも自己管理しながらスキルアップのために努力する必要があるということです。

具体的なスキルアップの方法はいろいろありますが、以下のようなポジション選定、言語選びもきっかけとして重要です。

PMになる

PMは一般的に会社員が多いですが、フリーランスのPMも存在します。また、フリーランスのPMのなかでも、現場に常駐するタイプもいれば在宅やノマドでリモート形式で働くPMも存在します。

ひとことにPMと言っても幅広いことがわかります。ただし、現状は現場常駐の会社員が圧倒的に多いでしょう。PMという選択肢は、基本的に会社員が正攻法で年収1000万円を目指すための通過点のようなイメージです。

PMで年収1000万円を超えている人もいますが少数派です。年収1000万円を目指すのであれば、PMからさらにITコンサルタントなどにステップアップしていく必要があるでしょう。

需要が高い言語を探す

選択するプログラミング言語によって年収が変わってきます。特に、フリーランスの場合需要と供給のバランスでその差が顕著に現れます。プログラミング言語による年収という観点では明確に順序化するのは難しく、仮に平均値を取って順序化しても個々の案件がそれに当てはまるとは限りません。

つまり、仮にもっとも平均年収が高い言語を選択しても、引き上げている案件があるだけで、その他多くの案件は特別高収入ではないということです。ではなぜプログラミング言語を選ぶ必要があるのかというと、需要がない言語を学んでも年収以前に仕事がないからです。

年収というよりは、まずは募集されている案件を見て、募集数の多い言語を選択して学習すると良いです。いくつかの言語を身に付ければ応用が利くので、次の言語の習得も早くなります。

案件量が豊富なアルマサーチ

アルマサーチ

最後に、アルマサーチのご紹介!

アルマサーチはフリーランス向けに案件をご紹介することに特化したエージェントサービスです。豊富な案件量から、安定して継続的な案件のご紹介を実現しており、口コミから登録エンジニアが急増中です。

アルマサーチが選ばれる理由

  1. 豊富な案件量。週3〜4日の案件や在宅リモート案件も。
  2. 優秀なコンサルタント陣。
  3. 案件に参画後もしっかりサポート。

豊富な案件量

フリーランス向けに特化し、業界屈指の案件量を誇ります!週3〜4日の案件や、在宅リモート案件もありますし、その他あらゆる希望をしっかりお伝えください。最適な案件のご紹介をさせていただきます。

優秀なコンサルタント陣

技術に疎く、開発の希望を伝えても響かないエージェント・・・嫌ですよね。アルマサーチにはそのような者は一切おりません!さらに独立にまつわる税金や保険関係に詳しいスタッフが徹底的にサポートさせていただきます。

案件に参画後もしっかりサポート

常駐先が決まった瞬間に、一度も連絡が取れなくなるエージェント・・・いますよね?アルマサーチでは、そのようなことは一切ありません!常に電話やメールは即対応しますし、月に1度のランチミーティングなどから現場の状況を細かくヒアリングし、就業環境改善に尽力いたします。

相談する

キャリアカウンセリングのプロとして
あなたに合った案件をご案内します。

まずはお気軽にお問い合わせください!

イメージ