Shellの案件求人検索結果

■Shellとは?
ShellはLinuxで使用できるコマンドのことです。Windowsでいうところのバッチと同じです。Windowsだとコマンドプロンプトからバッチを入力したりバッチファイルを作って実行することが可能ですが、同様にLinuxではターミナルからShellコマンドを入力するか、Shellファイルを作成して実行することができます。

システム開発の現場では、サーバーはWindowsよりもLinuxの場合が多いです。クライアント端末はWindowsで、サーバーがLinuxという環境が多いでしょう。なので、サーバーを操作するには必然的にShellを使うことになります。

逆にクライアント端末は普段パソコンしている通りに使えば問題ないので、いちいちバッチを使わなくても視覚的に操作すれば良い場合がほとんどです。なので、結果的にバッチよりもむしろShellを使う機会の方が多くなります。

ちなみにクライアント端末からサーバーにアクセスして視覚的に操作することも可能ではありますが、あまりそういったことは行いません。システム開発現場のサーバーはファイルサーバーとして利用しているので、視覚的に操作するよりもコマンドでファイルやプログラムを管理した方が圧倒的に効率的で処理が速いからです。

サーバーのなかのファイルやテストデータをいちいち視覚的に入れたり消したりするのは時間が掛かり、特に大量データを扱う際にはそのような操作方法は向きません。なので、Shellを覚えてサーバーを操作するスキルが必須になりますね。

Shellについて

Shellはシステム開発現場のサーバーのなかのデータを扱うために必須のスキルなので、システムエンジニアなどの職業の方は最低限扱える必要があります。もちろん開発環境によってはShellが不要なのですが、多くの開発現場で使用するので知っておいて損はないでしょう。

とは言ってもプログラミング言語に比べると簡易的で、プログラミング経験があれば特別難しいものでもありません。条件分岐やループ分でファイルを追加したり削除したりといった操作がほとんどなので、まずはその辺の最低限の記述ができると良いですね。

プログラミング経験があれば、Shellの経験がなくても数分で理解できるレベルです。

■Shellの資格について
Shellの資格と言えば「LPIC」です。他にも民間資格がありますが、LPICの認知度が圧倒的に高いため、Shellのスキルアップのために資格試験を受けるならLPICが常識、といった印象です。

またこの資格は世界標準になっているため、海外のIT企業に転職したい方にとっても取得価値のあるものとなっています。資格の勉強方法としては書籍による学習がメインで、覚えにくい場合は実際にLinux環境で入力してみるイメージです。

使用しているパソコンがLinuxの方はターミナルを開いて入力すれば良いだけですが、その他のOSの方は専用のソフトをダウンロードして環境構築する必要があります。

■Shellの魅力・市場動向について
Shellの魅力は、Linux環境でコマンドだけで自由に操作できることです。個人のパソコンではあまり使用する機会もないかもしれませんが、サーバーがLinuxの場合Shellは大活躍します。

市場動向については、急にShellがなくなることはまずないでしょう。Linuxは昔からあるOSで、今後も継続すると考えられます。そして、Linuxがある限りShellはなくなりません。

仮に別のOSが主流になっても、コマンドで操作するならShellと似通う部分も多いはずです。WindowsコマンドもShellと似ているため、ShellをマスターすればWindowsにも応用が利きます。

逆に言えば、Windowsをコマンドで操作した経験のある方はShellの上達も早いということです。上達が早いというよりも考え方や書き方はほぼ同じで、仕様の違いから少し命令が変わるようなイメージです。

あくまで感覚的な話ですが、WindowsのキーボードとMacのキーボードのような違いです。基本的なキーの配置は同じですが、たとえばショートカットキーで使うキーが微妙に異なります。

WindowsだとCtrl+Cでコピーですが、Macだと、Command+Cです。Shellとバッチの違いもこのようなもので、基本的な考え方やロジックなどはほぼ同じです。

■Shellの勉強法について
Shellを勉強するにはまずはインプットから始めると良いですが、媒体としては書籍、Webサイト、動画があります。おすすめは特にないのですが、環境がセットになっている学習サイトは良いかもしれません。

Linux環境がなくても使用できるもので、チュートリアルを見ながら実際に入力していくような学習方法が可能です。あとはなるべく楽に学習したいのであれば、まずはインプットに特化して動画を見ていくのが良いかと思います。

動画は見ていれば勝手に進んでいき、また内容は簡単なので頭に入って来やすいでしょう。ただし、動画の内容は初歩的なものが多いということもあります。Shellについてはそこまで高度なコーディングは求められませんが、動画で見れるのは基本的なコードなので、より複雑なコードや今自分に必要なコードをピンポイントで調べたいならWebサイトの方が良いです。

基本のインプットは何で行っても良いのですが、基本を押さえるだけならそれほど時間も掛からないでしょう。1日にどの程度時間を割くかにもよりますが、1カ月もすればShellの基本を理解し、なおかつ感覚的に自分のものになっているかと思います。

つまり、とっさに必要なコーディングができるレベルです。このレベルになったらあとは実際に必要な操作を行う形式がベストで、個人開発でも参加しているプロジェクトでも良いので、そこで実際にコマンド入力していくと良いですね。

または、毎回入力しているコマンドがあるなら仕事を効率化するためにファイルを作成するのも練習にもなって一石二鳥です。

案件探し登録

案件探し・フリーランスになるためのご相談はこちら

相談する