unity

  • イメージ
    blenderで作ったオブジェクトをUnityで組み込んでみよう
    このページでは、Blenderの機能やそれをUnityと連動させる方法について解説します。 目次1 Blenderとは2 Blenderで作ったオブジェクトをUnityに組み込む方法2.1 Unity側での作業3 Blenderのスキルを高める方法4 とにかく試して...
  • イメージ
    Unityのraycastを使って出来ることをまとめました
    raycastはオブジェクトの当たり判定を行うもので、オブジェクトに当たったかどうかがわかります。 キャラクター同士や壁との接触であれば座標を取得するクラスを使用することも多いですが、たとえば銃で撃ってそれが当たった...
  • イメージ
    Unityのcloud buildの便利な点をまとめました
    Unityのcloud buildは無料で使えなくなりました。でも、その代りにUnity Teamsというサービスが始まりました。 とはいえ有料でもUnityのcloud buildは利便性があります。そこでこのページでは、cloud buildとUnity Teamsの機能...
  • イメージ
    Unityで作られているRPGゲームを作るための6つのステップ
    Unityでゲームを作ってみたいけれど何から始めれば良いのかわからない、とりあえずRPGでも作ってみようかな、といった状況の人がいるかと思います。 そこでこのページでは、Unityをまったく触ったことのない人でもわかるよう...
  • イメージ
    コードを使わずにUnityでキャラ追従のカメラを作る方法
    Unityはコードなしでいろいろな機能を使える魅力があり、コードを書いたとしてもだいたいのことはクラスに用意されている関数でできてしまいます。そこでこのページではUnityでキャラ追従のカメラをコードなしに作る方法を紹...
  • イメージ
    Unityでキャラの移動を制御する方法まとめ
    Unityではキャラを自由に動かすことができますが、自由に動かし過ぎるとゲームが簡単すぎて面白くなくなってしまうかもしれません。ゲームにもよりますが、たとえばアクションゲームで完全に自由自在に動けたら難易度を上げる...
  • イメージ
    Unityで作られているARアプリをまとめてみました
    ARはVRとともに近年活発になっている技術で、Augmented Realityの略です。和訳すると拡張現実で、現実上にバーチャルを表示するイメージです。ポケモンGOのように地図アプリと連動させて現実に出現したように見せるパターンが...
  • イメージ
    Unityのgetcomponentの上手な使い方と使用時の注意点まとめ
    Unityの基本はコンポーネントで、すべてのものがコンポーネントでできていると言っても過言ではありません。普段意識はしないかもしれませんが、どの機能を操作しても度々コンポーネントという用語が出てくるかと思います。...
  • イメージ
    Unityで「当たり判定」(衝突判定)を付ける方法
    アクションゲームでは特に当たり判定がゲームの精度のカギを握ります。当たり判定のタイミングがおかしいとユーザーの満足度が圧倒的に下がるでしょう。当たり判定を自分で実装する場合、座標を取得してif文で重なっているか...
  • イメージ
    UnityでのUIデザインの基礎をまとめてみました
    Unityは物理演算等内部ロジックの実装にも強いですが、UIについては当然のごとく各種機能が用意されています。ゲーム用のプラットフォームなのでUIが充実しているのは大前提となります。 そこでこのページでは、Unityで作れる...
案件探しやフリーランスになるための相談する

最新お役立ちコンテンツ一覧